どんな事がカウンセリングできる?

自然と片付けしたくなって、頭痛も減った

佐賀と、福岡で心理カウンセリングをしている諸岡です。

自然と片付けしたくなりました

女性の方からの報告です。

片付けするのが嫌で、なかなか片付けにとりかかれなかった方が、「自然と片付けしたくなりました!」
「それに、肩凝りがなくなったり、頭痛がゼロではないけど薬の量が減りました!」

そんな風にお話しになられていました。

片付けしたくないこころの気持ち

カウンセリングに来られてお話を聞いていると、「片付けしないととは思うけどしたくないのを、嫌な気持ちをなくして、したい時にできる様になりたい。」そんな悩みをお話しになられました。

そんな風に言われているその方は、綺麗にしていないといけないと思っている時に、心地よくないイヤな気持ちを感じられていました。
そのイヤな気持ちは綺麗にしていないと、お母さんが不機嫌になるから片付けをしていた小さい頃と同じ感覚でした。

お母さんが不機嫌にならないように片付けしないといけない。
不機嫌そうにしなさいしなさいと言われるのは、本当は嫌ですよ。
でも、嫌なんて言えません。
ずっと我慢していました。

大人になって親とは離れているかもしれませんが、心の中では子供に感じた事をずっと同じように続けていることって実は多いのですよね。

そんな綺麗にしなさい。と、不機嫌になるお母さんを心から追い出して、自分の意思で片付けしたい時にする。

そんなカウンセリングの後には、心の重しが取れた様なスッキリした顔をされていました。
それからは、無理に不機嫌にならない様に綺麗にしないといけないそんな子供の頃から感じている感覚からではなく、今の私が片付けしたいな。と思った時に、片付けたいところを自分が片付けたいだけ片付けるって、小さい頃から続けているしないと不機嫌になる人がいるそん感覚は関係なくて、私がやりたいと選択した片付けは心地良いですし、しやすいみたいです。

そういえば幸せな人は、自己選択して決めれているという研究があります。
その自己選択(自分の意思)で決めるというのはこういう日常の色んな出来事を、誰が望むからではなく自分で決めるそういうことなのかもしれません。

自分らしくって、簡単いうけどそんな簡単な事ではないなってカウンセリングをしているとつくづく思います。

こころと身体

それともう一つの、心が原因の肩こりや頭痛といった症状は心身症に分類されています。
身体の症状の根本の心のシコリをスッキリさせる事で変化が起こることは良くあります。

これまでずっと我慢していたこころの気持ちが心身症という症状で身体に現れる事例を沢山見させて頂いますが、心と身体は繋がっているんですね。
ストレスが原因の肩こりが酷いとか、頭痛持ちといった身体に症状が出ている人はカウンセリングの変化を実感しやすいですね。

カウンセリングをしているとこんな声を沢山頂いたり、重かった表情が軽やかになったり、色んな人の変化を目の当たりにさせて頂きます。

来られる人が、本当に楽に、ご自身が望む様過ごせるきっかけに関わらせてもらえる。そんな、心の支援。この仕事をさせて頂いていて良かった。幸せだなって感じさせていただいています。

それに、感想や事例を悩む人が少しでも減るように使ってください。そんな風に言ってくださる皆さま、ありがとうございます。

カウンセリングに行こうという勇気、どうにかしようと向き合う勇気。
ご連絡されるまでの葛藤もとてつもないものです。

そんなご相談される方の支援ができるように心理支援者として精進いたします。

関連記事