どんな事がカウンセリングできる?

うつ病って良くなるの?

うつ病とカウンセリング

2年で4度の事故…萩原流行さん“緩慢なる自殺”だったのか

これは単なる事故ではなく、緩慢なる“自殺”だったのではないか。俳優の萩原流行さん(62)が22日、東京・杉並区内の青梅街道で愛車のハーレーダビッドソン(883㏄)を運転中に事故を起こし、死亡した。

「前方車両を追い抜きざまにワンボックスカーと接触。バイクはふらつき、萩原はシートから転がり落ちて後続車両にひかれたようです。事故当初は手が動くなど意識はあったが搬送先の病院で亡くなりました。薬物や飲酒の有無については血液検査の結果待ちですが、事故現場は片側3車線の直線道路で自宅近所の勝手知ったる道。車も所有している萩原がなぜ大雨が降る中、バイクで出かけたのかなど不自然な点も多い」(報道関係者)

個性派俳優として数々の映画やドラマに出演。またひょうきんで明るいキャラクターでバラエティー番組を賑わせてきたが、近況は対照的で明るい話題がまったくなかった。

昨年は中国で制作される反日ドラマで中国側から“悪役の日本人役”をオファーされたところ、出演を反対された所属事務所を辞めてまで出演を強行。今年3月には今回と同じハーレーを運転中に転倒し、右腕を打撲したばかりだった。

それどころか、昨年10月には、杉並区内で乗用車を運転中に歩行者と接触。当て逃げ容疑で今年3月下旬に警視庁に書類送検されたが、「事故を起こした認識も逃げたつもりもない」とコメント。萩原は2年前にも乗用車を運転中に自転車と接触事故を起こしており、今回を含めると2年で4度の事故を起こしているのである。

そこで気になるのはうつ病の影響だ。萩原は92年ごろからうつ病を患い、6年前には夫婦でうつ病を罹患していたことを告白。その体験をつづった著書「Wうつ」を出版している。簡単に治る病気ではないし、はたしてバイクや車を運転できる精神状態だったのかどうかといえば疑問符がつく。

「普段出歩くときはお馴染みのカウボーイスタイル。友達は少ないが口癖でしたが、それでも仲が良かったのは自宅が近所の小倉智昭や俳優仲間の阿藤快。大空真弓とも飲み友達でした」(芸能リポーター)

またひとり、味のある個性派俳優の火が消えてしまった。

■事故原因は警察車両

事故の状況が明らかになってきた。警視庁によると、萩原は3車線の中央を走っていたが、左車線を走っていた警視庁の護送車が車線変更した直後に転倒。後続車にひかれた。警視庁は、護送車の運転に過失がなかったかを含め、事故原因を調べている。

また、23日、自宅前で取材に応じた妻で女優のまゆ美さん(63)は、「美容院に行く途中だった」と外出の理由を説明。「私もちょうど出掛ける時だったので『じゃ気を付けてね』って言いながら別れたんですけど。それが最後になりました」と状況を明かした。遺体は東京女子医大に安置されているという。

日刊現代

 Yahoo!ニュース

萩原流行さんが亡くなられました。残念です。

このニュースにありますが、2年で4度の事故を起こし大雨が降る中、バイクで出かけるというのは緩慢な自殺のようにも思うこともできます。

ただ憶測で話を進めるより、もう2度とこうやって亡くなる人を出したくありません。

うつ病や新型うつ、仮面うつ、うつにもいろいろあり、治りにくい病気と認識されるかもしれません。

そんなうつ病ですが、薬を沢山飲んで、リストカットをしたりしていて、もう駄目だ。と諦めていたクライエントさんが何人もいらっしゃいましたが、カウンセリングを受けた後、再発したという報告は頂いていません。

最近、カウンセリングを始めた当初に来られたクライエントさんで今回は、不妊の事で来られたのですがこんな風に言われていました。

「あれからだいぶ(10年)経つけどそう言えば一度も『こんな私じゃ駄目。消えてしましたい。』なんて思った事一度もないし、リストカットしようとも思わなかった。」

沢山の薬を飲まれ、度々腕を切ったり自殺未遂を繰り返された方です。

うつ病について

うつについてのお話になるのですが、うつ病になる可能性が先ずない方は、これまでに、一度でも死にたい。や、消えてしまいたい。と思った事がない方です。

この話しをすると、今まで一度でも、死にたい。消えてしまいたい。と思った事がある人は

「一度くらい、皆思った事あるでしょ。」「一度も思った事ない人ってホントにいるの?」

こんな事を言われます。

そうですよね。そんな人いるわけない。っと思いたくなる気持ちもわかります。だって、これまで、そう思うのが普通だったのですから。

ですが、これまで一度も、死にたいや消えてしまいたいと思った事がない人もいるのです。

ストレスが溜まってきて、

○○できていない自分なんか、価値がない。消えてしまいたい。

そんな感覚はいつ頃からあるのでしょう?

ちゃんとできないから両親が喧嘩するしたまに手を挙げてくるお父さん。私なんかいない方が良いんだ。

だから良い子に振る舞い続けた。本当は喧嘩して欲しくない。叩かないで欲しい。守って欲しい。

ちゃんと良い子でいる事で自分の身を守ってきたのです。

それを大人になっても続けているのです。

これを読んで何か感じるのでしたらその気持ちを吐き出してみて下さい。

腹が立つかもしれないし、怖いかもしれません。

そんな気持ちを吐き出して、自分の存在を認めてあげる。

そんなあなたの存在を、ちゃんとしていなくても、あなたには充分価値がある。と自分で、認めてあげる。

こんなんじゃ駄目、消えてしまいたいと思っていたのが2度と思わない人生にして、視野が広くなった!そんなあなたの人生をおくることもできます。

変わりたい。楽になりたい。幸せになりたい。

あなたがそう思うのなら成りたいように成れます。

息子が鬱になってどうしたら良いでしょう?と連れて来られた方もいらっしゃいました。

その方は、息子さんと一緒に私もカウンセリングを受ける。私が理想の親じゃなかったからと言われていましたが、自分を責めないでください。

どうにかしてあげたい。と思って連れて来られたり、そこに愛情があります。

育てる時も一杯勉強したけど上手く行かない。ちょっと調べたらすぐに出てくるようになって何が正しいかわからない。

そんな時代だからこそ、子どもの笑顔につながる様に確かな情報を共有できたらなって思います。

うつは、治らないんじゃないか。どうしたら良いのだろう。とっても不安だと思いますが、諦めないでください。

※ここでご紹介している事例は鬱の人がこんなところもあるんだって知る為だったら使って下さいと許可を頂いています。

ブログやホームページを見て良いなっと思ったけど、遠くて来れないと言う方はスカイプカウンセリングも行っていますが、近隣で活動される当グループの心理カウンセラーを紹介しています。

関連記事