イベント・セミナー

介護のストレスを減らすミニ講座

11月11日(月)介護の日の前日、ゆめぷらっと小城でさが介護・健康・福祉フェア2019の日でした。

介護のストレスを減らすセミナー

そんなフェアでお話しさせていただいた、45分間のミニ講座

45分でしたが、介護のストレスが少しでも減る様なそんなきっかけになる講座になった。
そう思えるミニ講座になりました。

依頼を頂いたときには45分間で何を伝えれるだろう?と悩みました。
悩みましたが、出来る事はあるはずです。
ご縁があって、せっかく頂いた機会でしたのでお話しさせて頂くことにしました。

子育て中のパパやママへの講座でしたら、子供にとってそれで良かったんだ。ってこころの事をお話ししてパパやママが軽くなったり、少しは楽になり子供の笑顔に繋がる研修を1時間弱の時間でお伝えしたりもします。
でも、それでも時間は足りないくらいです。

それが、これから身体も心も成長していく子供が相手なのと、介護が必要になり、心身ともに機能が衰えていく方では全く異なります。
介護のストレスの心の事をお話しして、どんなにうまく伝えれたとしても、
「そうなのですね!良い話聞けました。」
と感想を頂くことはできるかもしれませんが、実際これから感じるストレスを参加者ご自身で少しでも減らすきっかけになるかというと正直、難しい気がします。

そんなミニ講座をどうするか?

介護のメンタルヘルスという題材ですので、介護のことで悩んでる人が多く来るはずです。

こころの事を知れて良かったという講座より、少しでもストレスが減って、講座終わってからも参加者が実践しやすい内容にと悩みました。

カウンセリングでやっている方法で「楽になりました。こうしたらスッキリするのですね!」そんなストレスケアの方法は研修の45分では足りません。

それで自分なりの講座の目標を決めました。

ミニ講座の目標

  1. 介護をしていると1人で抱え込みやすい人が多いので、抱え込まない方が楽なのが伝わるように
  2. その場で介護仲間を作る人がいたら良いな。
  3. 来た人が笑顔になれる事を実感して帰れたら良いな。
  4. 次にも活かしやすいスキルを持って帰ってもらえたら良いな。

そんな、4つの目標は達成できました!

そうは言っても、まだまだ同じ事を、より上手く伝える事ができます。それは事前練習の数です。

でも、4つの目標は達成出来ました。
45分のミニ講座は十二分に出来ました。良くやった!

ポジティブ

『反省は一回。
やったこと、出来た事を認めるのは3倍に。』

これも講座でお伝えしましたが、ポジティブ心理学の考え方です。

そういえば、私がもう10年くらい前に解決した、「こんなんじゃ駄目だ。」と度々思っていた頃でしたら、全然納得できずに、良くやったなんて絶対に思えていません。

解決する前でしたら、私の頭の中はクレームの嵐です。

楽に生きるってこういう事なんですね。
楽だけど成長できるんですよね。

45分だろうと、自分のエネルギーは完全燃焼できたので、思い残す事はありません。自分の中では満足できた講座でしたし、色んな感想いただきました。
ありがとうございます。

正直私は充分にできたと思っても、見てる人はどうだろう?と不安な一面もありましたので講座を見ていたスタッフの人に確認してみると「わかりやすかったですし、講座に来た時と、出るときの顔が違いました。笑顔になって帰られていました。」
そう言ってもらえたら有難いです。

これまでカウンセリングを学び人の心に触れさせて頂いた知識や経験が、皆様のお役に立てるのであれば、お役に立てればと思います。

心のことをもっと知りたいというリクエストも頂きましたので、講師をさせていただいている佐賀新聞文化センターにて、介護をする人を対象にしたストレス、スッキリセミナーを次回開講いたします。
詳しい日時についてはまたアップします。

ご参加頂いた方や、最後まで読んでいただいた皆さま、ありがとうございます。

関連記事