イベント・セミナー

自分の根っこにある自信 ワークショップ

こころの悩みは、どうにかしたいそんな気持ちがあれば解決できます。
こころの悩みを解決

少人数でしたがワークショップ開催出来ました!

自信や自己肯定感

自信、自己肯定感、自尊心。
言葉は知っているけど実感できない。そう言われる方も少なくないのではないでしょうか。

でも、自己肯定感を感じることできるんですよ。
どんなにうまくやっても自責の念を感じていた私ですが、自責の念を感じなくなって自己肯定感がわかる様になったり

自己肯定感を感じる為に周りの人に肯定して貰うと言われていた方が

心のなかに芯ができました。続きはカウンセリングお願いします。
と言われたり
自信がなくて、人前で話すのが緊張していたのが

自信を持って人前で話せそうです!
ありがとうございます。うまく話さないといけない。うまく話すことで振り向いて欲しかったとは思いませんでした。辛いや怖い。を感じるのが怖い。うまく話そうとして緊張していたのが自然と話せそうです!
そんな感想を頂きました。

参加者から掲載許可を頂いている感想のみになります。

人が望んだ様に、成長する、幸せになる姿を見せて貰えるのはこの仕事の醍醐味です。
有り難いです。

自分の中にある自己肯定感

日本人は世界的に自己肯定感を感じる人の割合が低いと言われます。
その由縁は日本のこれまでの、村社会や、横並びといった文化が関係していると思います。

20年前でも、自己肯定感を感じれないのが問題に上がる事はありましたが、現代社会では社会が変化して、これまで以上に、こころが無理だよと、悲鳴をあげる様になってきました。

こころの悩みは、もしかしたら人間関係で変わったり、何かがきっかけで変わる事もあるかもしれません。
でも、いつになるかわかりませんよね。
どうにかしたい時にピンポイントに解決するのが私達がやっている心理療法で、支援する場所がカウンセリングルームです。

どうにかしたい。そんな皆さんの想いがあれば変われますよ。

自己肯定感を感じる

自己肯定感を感じれる様になったら、これまで来て頂いたうつ病のクライエントさんが感じていた様な、うつ病の診断基準の一つの
・ほとんど毎日の無価値感、または過剰であるか不適切な罪責感

カウンセリングを受けて解決する迄、私が愛用していた「こんなんじゃダメだ。」という自責感。解決してから5年以上、昨年うつ病になっても一度も感じる事がありませんでした。

自分の心をスッキリできたら。うつ病になる様なストレスが来てもうつ病の症状が出ないのではないか。

うつ病だけではなく様々な疾病がこころと関係していて、こころが楽になって病気を予防する。
そんな想いで開催したワークショップでした。

何かができていなことがあっても、何もダメじゃないのに、これじゃダメって責めるのキツイくないですかね。

自分の心を癒して守るキッカケになるような、自分の中にある自信や自尊感情に触れれる1日にしたいと思って企画したのですが、来られた方が今触れたい自分の自信や、自分の心に触れて、自分の心を癒すキッカケになったかと思います。

お越し頂いた方、来ようと思ってたけど来れなくなった方も、ありがとうございます。

自己肯定感を当たり前に感じれる様になりたい。こころが楽になってうつ病を予防をしたいという方もお気軽にご連絡下さい。

関連記事