心について

夢にかくれるあなたの本音

佐賀でカウンセリングをしている心理カウンセラーの諸岡よしきです。

夢のワーク

先週末の土曜はこの間の『心が影響する病気の講座』とは別の、3か月に2回あるカウンセリングやこころの事をより深く学ぶ講座で、今回は『夢のワーク』についてでした。

何度も繰り返し見る夢ってありませんか?

私には最近は見ていませんが、小さい頃から、時々見る夢がありました。
その夢は閉ざされた空間で水が後ろから押し寄せてきて、ずっと水の中でもがき苦しむ。そんな夢を小さい頃から何度も見ていました。

繰り返し見る夢に込められた本音

この閉ざされた空間や、水にも意味がありました。
閉ざされた空間は私の中の孤独感で、迫ってくる水は「あなたならできるよ。」「あなたなら一番になれる。」という過度の期待でした。
その過度の期待の中どんなに頑張っても認めてもらえない。
本当は苦しかったのです。
夢のワークについて知れば知るほど夢は、その人の心が訴えたい事で、最も大きな本質に迫るこころのことでした。

人それぞれ見る夢は違いますが、繰り返し見る夢は言葉では言えないけど心が感じている本当の気持ち。
人によってはこれまで見ないようにしてきたけど本当はこうなんだって、訴えたい本音の様なことなんだなって思います。

今後の夢ワーク実施について

夢のワークはこれはこういう意味ですね。と私が解釈するものではありません。
受けられる方が御自分で気付き、本当に楽になれるようご支援するだけです。

この夢のワークは、より楽により幸せになりたいけど、どうにかしたいけどどうなりたいかわからない。
自分の根っこの問題行動を知りたいという人にも効果的です。

訪れられた方が、より楽により幸せに生きれるように、支援させて頂く一つの技法として必要な時に使えたらと思います。

関連記事