カウンセリングを受けるのは心理療法家が一番多い

カウンセリングルーム

ご予約頂いている皆様ありがとうございます

2015年も半年が過ぎ7月になりました。

カウンセリングルーム

カウセリングをさせていただく様になって12年。

信じて来て頂き、こんなに変わるんだったらと自然と口コミがうまれたりして、カウンセリングを続ける事ができましたが、予約頂いていたり、来ていただいた方々や講座でお会いした皆様のお陰です。

ありがとうございます。

これ迄、色々な事があり、挫けそうになることも沢山ありましたが、今迄心理カウセラーとして、より楽により幸せに残りの人生を生きるそんな支援を続けて来れたのは、諦めずに悩みを解決する為に足を運んで頂き、変わっていく姿を見せて頂いた皆さまのおかげです。

アメリカで1番カウンセリングを受けているのは精神科医や心理療法家というデータがありますが納得です。

「悩みを毎日聞くからですよね?」

と聞かれる事があるのですが、そんな事ありません。

共感してこちらも気持ちが沈むなんていう事はないんです。

それどころか、落ち込まれていたり、どうしたら良いのでしょうと、悩まれていた方が楽になられる姿を見させて頂くのはエネルギーになります。

そしたら、何故、心理療法家がカウンセリングを受ける回数が多いのでしょうか?

心理療法家がカウンセリングを受ける回数が多いのは何で?

それは、カウセリングという仕事が、心理カウンセラーの心の問題が、クライアントさんの問題解決に大きく関わってくるからです。

私の事例ですがこんな事がありました。

カウンセリング中のクライアントさんから、メールでの質問がありました。

その時に衝動的に、真剣に取り組まれるクライアントさんの質問に応えたい。

そんな風に思いました。
優しくて良さそうですが、心理カウセラーという仕事をしていたら、自分で管理できない優しさは問題になります。
それは、クライアントさんが、より楽により幸せになって自律するのを支援をするのが心理カウンセリングです。

人は皆考える力を持っています。クライアントさんの考える力を値引きする行為になったり、何かあった時に、頼りたくなってしまう関係性を作っては元も子もありません。
他のサービス業でしたら、痒いところにも手が届くようなサービスは願ったり叶ったりかもしれませんが、カウセリングは違います。

私の衝動的な、どうにかしてあげたいという優しさは、幼少期の優しいお兄ちゃんからきている優しさで、優しいお兄ちゃんである事で、認めて貰ってきたのが根っこになっているような気がします。

今はまだ、他の事をカウンセリング受けていて、それを解決してから受けようと思っているので私の憶測になります。

普通に生活していたら問題にはなりませんが、心理カウンセラーとして、管理されない、衝動的な優しさは問題です。

クライアントさんが、より楽により幸せに、生きれるように支援する上では、必要な時に自分の意思で優しくできる。

これとっても大切です。
こんな風に気付かせて頂き、人として、心理カウセラーとして成長させて頂いています。

それもこれも、予約して来て頂いた皆様、そして、学び続ける事ができる環境のお陰です。

こんな風にして、普段だったら気付かない様な心の問題にも気付かせて頂き、自分の人生を自分らしく生きれる様、日々成長させて頂いています。

 

信じて来てくれる人がいるのですから、中途半端なカウセリングはできません。
来てくれる人が「カウンセリングに来て良かった。」

そう言って頂けるように、これからも学び続け、成長していきます。

 

ありがとうございます。

Follow 心の相談窓口 AYHカウンセリングルーム on WordPress.com    

より楽に より幸せに

脳挫傷・くも膜下出血・陥没骨折・首から上は折れていないところがない…等言い出したらキリがないような、九死に一生を得た事故がきっかけとなり、天職に出逢えました。

若いと言われながら14年間、心の悩みが楽になる様、心理カウンセリングや研修を通しサポートしています。

こころの事が身近になり、毎日が楽に過ごせる様に、こころが軽くなる人が増えるように活動しています。心の悩みをどうにかしたという方や、従業員とその家族の笑顔を増やし、事業の生産性も上げたい。そんな事業者の方もお気軽にご連絡ください。

 

予約

おすすめ記事

  1. 自分でストレスをスッキリ 自分でストレスを減らす方法 こころの気持ちスッキリ
  2. 自由がストレス!? こころの問題が出やすくなった現代社会
  3. お母さんの『今日』 子育て中のお母さんに送る詩 私は今日お皿を洗わなかった
  4. 家庭円満の秘訣 お父さんが家庭円満の為にすぐにでも できる事
  5. 子どもを褒めるのも良いけど、何よりも認めてあげてください
  6. 記憶 感情に紐付く記憶

関連記事

  1. 性格が変わった/人生が変わった
  2. コーチングとカウンセリングの違い コーチングとカウンセリングの違い
  3. 自分の人生を生きる幸せ 事業の取り組みで子どもが笑顔に
  4. 気楽に付き合える友人が作れない距離感
  5. 泣く 悲しいから泣くの?泣くから悲しいの?
  6. facebookで毒を吐く
  7. 佐賀少年鑑別所 非行を減らす為に
  8. 子供が「サンタクロースが怖い」そんな時どうしたら良いの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

予約

最近の記事

  1. 入院のお供
  2. 自分の頭を撫でる
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。