男もきついよ 男性次第で社会が変わる

うつ病男女患者率

少しずつ、少しずつ男性のクライアントさんの数が増えてきました。

 

本当はもっと男性にも来て貰えたらな、と思っています。

 

カウンセリング、心療内科も、精神科も、大体 女性7割:男性3割(2年前)だそうです。最近は6:4という声も上がってきて良い傾向です。

うちに来られる方はやっと男性3割台というところです。

 

うつになる人数もうつの罹患率の男女比は、女性のほうが1.6倍ほど多い(「厚生労働省 患者調査2011」より)です。

2014年は

うつ病男女患者率

【画像元】社会実情データ図録より引用

女性より男性の方がこころが強いのでしょうか?

男性の方が、こころが強いわけではありませんし、うつになるからこころが弱いという表現はしっくりきません。

遺伝的と言われる事もありますが、カウンセリングをしていると男性も女性も、産まれた後に取り入れた心のしこりを取り除いたらうつにはならないんじゃないかなと思います。

女性の方が男性より相談しやすく、男性の方が「大丈夫、だいじょうぶ。」「ここで楽になっては駄目だ。」と、自分のストレスに気付かないようにしていたり、気付いても自分の中に抱え込みやすいのではないかと思います。

 

女性の方が病院に行きやすいので、鬱の患者数も多くなります。

病院に行けない鬱かもしれない男性の方はまだ、多いんじゃないでしょうか。

 

「まだ、大丈夫だ。」と、抱え込んだらどうなるのでしょう。

 

平成27年度の自殺者数は

男性 16,681人

女性  7,344人

(警察庁の自殺統計に基づく自殺者数の推移等 <内閣府自殺対策推進室>より)

 

男性の方が圧倒的に多いです。

うつに限りませんが、心の悩みに気付いていても自分でも気付いていない様にしていたり、これぐらい皆あるよと、中々相談出来ずに、極限まできて、命を絶ったり人の命を奪ったり家に火をつけたり仕事を退職せざるを得なくなったり、いろんな事が起こっています。

これまでずっと続けてきた生き方ですし、それをやり始めた幼少期には、

  • お兄ちゃんなんだから怒ったらお母さんが困る。
  • こんなんじゃ駄目。頑張ったら認めてもらえる。
  • お父さんとお母さんが喧嘩するのは私のせいなんだ。私なんて産まれてこなければ良かった。

生き延びるには最善の選択でした。でも、それを大人になっても続けるのは効果的ではありません。

良い事にはならないんです。

うつや、病気になる前に、予防をして残りの人生鬱にならなくて、良いように、楽に過ごせる様に過ごして貰えたらと思います。

 

自分が楽になって、初めて家族や友達同僚が、悩みを抱えた時に、楽になる様に寄り添える様にもなります。

男性が楽になることで何で社会が変わるの?

男性の役割って実はとっても重要です。

子どもに関わる時間は奥さんの方が多いかもしれませんが、仕事のストレスを家に持って帰ってムッとしてたら、奥さん嫌ですよ。

そしたら、子どもにも伝わるんです。

旦那さんが楽になって、笑顔で家に帰って来れたら奥さんも楽です。

そしたら子どもも楽なんです。

 

時代も変わり、こころのケア、予防が必要な社会になってきました。

一生付き合っていく、あなたの心をケアして残りの人生、より楽に生きてはみませんか?

予約

おすすめ記事

  1. 自由がストレス!? こころの問題が出やすくなった現代社会
  2. 家庭円満の秘訣 お父さんが家庭円満の為にすぐにでも できる事
  3. うつ病男女患者率 男もきついよ 男性次第で社会が変わる
  4. 記憶 感情に紐付く記憶
  5. お母さんの『今日』 子育て中のお母さんに送る詩 私は今日お皿を洗わなかった
  6. 子どもを褒めるのも良いけど、何よりも認めてあげてください

関連記事

  1. 秋の紅葉 私を守ってくれていた感情
  2. 気楽に付き合える友人が作れない距離感
  3. 感情をうまく処理してスッキリ ~ストレスケア~
  4. 自然と口角が上がる方法
  5. DVするのは辞めれる DVするのは辞めれます
  6. 自分の言いたいことを言いたいけど声が出ない
  7. 黒川温泉で仕事、仕事
  8. 繰り返し見る夢 夢にかくれるあなたの本音

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

予約

最近の記事

  1. 便座の交換 DIY
  2. 交通事故
    父が事故に
  3. 駄目絶対。
  4. コーチングとカウンセリングの違い
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。