心について

息苦しさや生きる苦しさを感じず快適に

息苦しいとか、生きぐるしい(生きるのが苦しい)
そんな風に感じることってありませんか?

息苦しかったり、生きるのが辛かったのが楽に

この前の日曜にカウンセラーの丸一日勉強会があっていて、インナーチェンジングセラピーやこころの事を日本に広げよう。と活動される倉成先生が
「息苦しいという人いるけど20代からカウンセリングを受けていて息苦しいという感覚に馴染みがなくなってましたね。」
そんなお話をされました。
その時は何と無く自分もそうだったな。と何と無く腑に落ちた感じでした。
でも、それから、クライアントさんから「息苦しい。」そんなお話を聞いた時実感しました。
※クライアントさんに掲載許可頂いています。

元々息苦しいと感じなかったわけではありません。
前は「息苦しい。」って思う事もあったし、生きるのが苦しい、生き辛いって自分を追い込んでいたこともありました。
でもそれが、辛いこともあるし苦しい事もあるけど
こころの事を学びだして15年。自分のこころと向き合いだして10年。
ここ10年位、息苦しさや、生き辛さは感じずに馴染みのない感覚になっていたな。
楽に過ごせれるようになったな。

って胸に落ちたんです。
人って変われるんですよね。

医療の発達とこころ

この間手術して、最近のCTは骨だけを3Dで見れる機能もあるんですね。
手術したところを見たら、事故で入れたシャントや、今回を手術で一度あけてふさいでいる骨を留めるプレートやボルトも奇麗に見えるのですが、耳の上のところの四角く頭蓋骨がないんです。
ビックリしました!
それでも当たり前に、カウンセリングできるんです。
事故にあったり、今回の様な手術もしたけど今の医療は発達しています。
そんな医療や日本の福祉や医療制度のおかげで人生100年と言われるようになりました。

健康に長生き出来るようになって、本当に良かった。
穏やかに過ごせた。自分らしく過ごせた。
幸せだった。そんな風に長生き出来る人が増えるように、こころの事やカウンセリングが広がればなっと思います。

身体の事は発達した医療が、心の事は環境が変わらなくても自分が楽に過ごすことはできるんです。
諦めないで下さい。

あなたが、どうにかしたい事はどうにかできます。

関連記事