集中できない人 有効的なアドバイスがストレスに

集中できない

高次脳機能障害の当事者や家族の会に行った時の事です。

集中できない

「あれやこれや、色々やることがあって集中できません。」と言われる方がいました。

そんな中、

「やる事をリスト化したら良いよ。」「一つずつ終わらせていったら良いよ。」
こんなアドバイスがありました。

そんな風に言いたくなる気持ちもわかります。
その人にとってはとっても有効的なやり方なのですから。
このアドバイスが有効な人も勿論います。ただみんながみんな、有効とは限らないのです。

あれやこれややることがあって集中出来ないと聞いた時、
反応型
私はもしかしたら適応タイプの反応型ではないだろうか?と思いました。
勿論それだけで決めるわけにはいきませんので、その後に確認の為にいくつかのこと聞いて確信しました。

やる事が色々ある中で、そんな有意義なアドバイスを貰って、ある人は取り組もうとするかもしれませんが、その有意義なアドバイスもやらないといけない色々なコトの一つになるしれませんし

別のタイプの人やストレスが少ない人には有効なアドバイスかもしれませんが、反応型の人の中にはわかってるよ。と内心思いながら余計にストレスを溜める方もいらっしゃるかもしれません。

会社内でも同じ様な事をやっていませんか?
上司や部下の人間関係のお話を聞いているとよく聞くお話です。

ストレスのポイントが違うのです。

どうやったら集中できるの?

こういう時に反応型の人が集中できる様になるには、色々やらないといけない事があるストレスを減らすのが集中できる方法です。

『だったらひとつづつ終わらせたら減っていくんじゃないの?』と思われる方もいるかもしれませんがそれで解決できずに、こんなやり取りを繰り返して、上司と部下の間で『一つ一つ終わらせれば良いのに何で出来ないんだ。』『何でわかってくれないの?』と溝を広げる一因になっています。

それが、この人はこういう人なんだ。と分かったら楽じゃないですか?

そんな自分とは全く異なる、相手の事を知り、コミュニケーションを円滑にしていくのが
人格適応論を活かしたメンタルヘルスコミュニケーションセミナーです。

こんな時に心から見た関わり方でサポートしながら、多職種の連携を計るのが公認心理師の役割な気がします。 

個人情報の取扱いについて

カウンセラーとしてこうやって事例を載せる場合、カウンセリングではない日常的な事でも本人に確認します。

絶対安全安心が大前提になる心理カウンセラーとしてカウンセリングの知識や技術も大事ですが、カウンセリングが上手くいく基盤になる安心安全の一角を担う守秘義務をおろそかにしていては上手くいくはずのものも上手くいきませんので。

Follow 心の相談窓口 AYHカウンセリングルーム on WordPress.com    

より楽に より幸せに

脳挫傷・くも膜下出血・陥没骨折・首から上は折れていないところがない…等言い出したらキリがないような、九死に一生を得た事故がきっかけとなり、天職に出逢えました。

若いと言われながら14年間、心の悩みが楽になる様、心理カウンセリングや研修を通しサポートしています。

こころの事が身近になり、毎日が楽に過ごせる様に、こころが軽くなる人が増えるように活動しています。心の悩みをどうにかしたという方や、従業員とその家族の笑顔を増やし、事業の生産性も上げたい。そんな事業者の方もお気軽にご連絡ください。

 

予約

おすすめ記事

  1. 家庭円満の秘訣 お父さんが家庭円満の為にすぐにでも できる事
  2. 自分でストレスをスッキリ 自分でストレスを減らす方法 こころの気持ちスッキリ
  3. お母さんの『今日』 子育て中のお母さんに送る詩 私は今日お皿を洗わなかった
  4. 記憶 感情に紐付く記憶
  5. 子どもを褒めるのも良いけど、何よりも認めてあげてください
  6. 自由がストレス!? こころの問題が出やすくなった現代社会

関連記事

  1. 新聞に載るような迷惑行動に及ぶこころの気持ち
  2. 凍結にご注意下さい あなたを守るこころの気持ち
  3. 地震で不安になる子のこころのケア法
  4. 交通事故 父が事故に
  5. テレビやスマホがストレス
  6. あなたの心を守る溜息 心を守る あなたの『ため息』
  7. 性格が変わった/人生が変わった
  8. 節分 ココロの気持ちはそと! ストレスの原因 置き去りになったココロ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

予約

最近の記事

  1. スティーブ・ジョブズ
  2. こころが原因の歯の痛み
  3. グレイティストショーマン
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。