心について

地震で不安になる子のこころのケア法

地震の時の心のケア

今回の地震で、沢山の人のどうにかしたいそんな気持ちが物資になり、届けに行ったのですが、その時、子どもが不安で泣いて、眠れないでいる。そんな声をお聞きしました。

 

そんな、お子さんにお父さんお母さんに、特別な知識がなくてもできる、子どもの心のケアする方法があるんです。

それは、お子さんが一緒にお風呂に入ることができる子なら、お風呂に一緒に入ってあげてください。

スキンシップって、とっても大事なんです。

 

お風呂に一緒に入って、子どもの話を聞いてあげてください。

そして、子どもの話を聞くときには、子どもの話しや、気持ちに寄り添ってあげてください。

 

「怖いよ。大丈夫かな。」

「うん。怖いよね。怖いよね。お母さんが守るよ。」

 

あんな地震が来たら怖くて当然です。

怖くていいんですよ。

前のブログにも書いていますが、怖い気持ちは、抑えることで大きくなっていきます。

 

気持ちに寄り添う(共感)し受け止める(受容)することで怖い気持ちが減っていきます。

それに、味方がいるというのは安心できます。

 

不安で不安で仕方ない時に、安心できる場所がある。

これとっても大事です。

 

お風呂に入る時に、してあげてみてください。

 

 

関連記事