心を軽くする15分の運動

毎日15分の運動で心を軽く

皆さん、運動していますか?
Facebookページのトップ画像、3月は日常的に取り組みやすいものにしてみました。

運動には意味があった

心の症状は 、精神科や心療内科での治療やカウンセリングが必要です 。
そんな症状が出てから心の専門機関に行くよりも 、症状が出ないように予防する方が良くないですか?

予防できた方が楽です。それに予防にかかるお金は、治療にかかるお金の 1 0 0分の 1と言われています。
カウンセリングを受けるのもこれまで日常的に感じていたストレスを減らしたり、自分で不快な気持ちをスッキリ処理することができる様になるので予防に繋がるのですが、カウンセリングは受けたいけどハードルが高いという方もいらっしゃいます。

でもですね、毎日たった15分の運動習慣を持つことで 、こうした諸症状を未然に回避することができるのなら 、実践しない手はなくないないですか?

スポ ーツにはですね、身体を鍛えるリフレッシュする 、という作用の他に「気持ちを軽くする」という働きがあります 。運動することにより精神的に楽になれるので 、思考も若々しくなり 、物事に対してもアクティブで前向きになれるのです。
「運動することが面倒だ 」という人も、病気にならない身体作りを身近なところから始めるには、まず運動習慣を身につけることが先決です。

対処から予防へ

予防医療に取り組む海風診療所でも、病気にならない予防の為にはニコニコ、テクテク、カムカムと言われています。

イライラしたり、自分を責めたりするのを、イライラしなくなったり、自分の事をこれで良いとそのまま認めて穏やかに過ごす
そんなに特別なことしなくて良いので15分毎日運動してみてください!

運動しようと思うけど億劫で動きたくない。したいけど意欲が湧かないという時には、カウンセリングが活用できます。
カウンセリングってそんなに特別な事ではないのです。
気軽に受けてもらえれば良いのになー。と思いますがそれは私の欲目ですね。
14年前より低くなったと言っても、まだまだカウンセリングのハードルは高いです。自分の心と向き合うのはとてつもない勇気がいります。
そんなカウンセリングはちょっとという方はまず15分運動されてみてはいかがですか?

Follow 心の相談窓口 AYHカウンセリングルーム on WordPress.com      

予約

関連記事

  1. イライラ 怒りが守るあなたの権利
  2. 自然と口角が上がる方法
  3. 生け花AYHカウンセリングルーム 患者、クライアント、クライエントどれが正しいの?
  4. 泣く 悲しいから泣くの?泣くから悲しいの?
  5. あなたの心を守る溜息 心を守る あなたの『ため息』
  6. 裕福な隣人 自殺が増える理由 裕福な人が隣人にいると自殺率が上がる事と社会の…
  7. うつ病男女患者率 男もきついよ 男性次第で社会が変わる
  8. 自分でストレスをスッキリ 自分の人生を生きる幸せ 事業の取り組みで子どもが笑顔に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

予約

最近の記事

  1. ゲーム・スマホ依存を考える勉強会
  2. 水害にあったときに
  3. 学校事件・事故弁護士無料相談
  4. 煽り運転対処法
  5. 起業向けセミナー人格適応論

月別ブログ一覧

PAGE TOP