日々思うこと

挨拶運動と子どもの変化

子供達は夏休み!
1月から始めた挨拶運動夏休み前までで、60日になりました。
子ども達の冬休みもありましたが、出張や起きない日もあって週2日か3日くらいです。

そんな挨拶運動をしていたら子供達にこんな変化がありました。
偶然かどうかはわからないのですが、子どもの健康に挨拶運動は関係あると意識しだした2日後位からこれまでは挨拶する子はする、しない子はなかなかしないという感じだったのですが、集団登校している先頭の子が、『せーの』と言って皆んなが『おはようございまーす!』と声を合わせて挨拶してくるんです。
そんな班があったり、勿論する子もしない子もいますが、確実に挨拶する子が増えました。
それに、子どもも前よりはハッキリ挨拶しようとしているんです!
なんか、大人の背中を見ているのかな。
そんな気がします。

後は、挨拶運動行ってる途中とか、下校時に、子どもとすれ違うと「あっ」反応してきたり。
窓下げて挨拶したはずだったのですが、その時は聞こえてなくて、その後に、挨拶運動しているところでその子に合ったら、『なんで挨拶してくれんと』って言ってきたり
カウンセリングルームから出て、植木沿いを歩いていると、偶然、隣の道を小学生の子が自転車で走ってて、手を振って来るんですよ。
別の子でしたが、二回もありましたね。
なんか嬉しいですよ。

子どもが自分からはっきり、挨拶したり、地域社会との繋がりができたり!
継続的に同じ人が挨拶をすることで社会との繋がりが子どもの中で、できているのかもしれません。

それがしないよりする方が、子ども達が大人になった時、自分から挨拶を気軽にできたり、誰とでもコミュニケーションとれるきっかけになったら良いな。

外は蝉が鳴いて、暑いですし、蒸し蒸ししていたり。
夏真っ盛り。
水分補給とか、体調には気を付けて、夏を楽しまれて下さい!

関連記事