どんな事がカウンセリングできる?

虫歯じゃない虫歯の様な痛みがスッキリ

理解はしたいけど、意に反する

心の距離感が近い関係になると不快な気持ちを感じることがあります。

自分の考えとは違うけど、相手の話してる背景を聞いたら理解できるのです。
わかる。わかるよ。
理解したいんです。

わかる。理解はしたい。理解できているはずです。
私の本心では納得したくないところもあるけど、わかるから、その気持ちを抑えようとしていました。
そう。抑えようとしているのです。
そう言うことってありませんか?

最初はうまくいっても、うまくいかない時が来ます。
やってしまったな。と後悔することをやってしまいました。

歯医者に駆け込みたくなる歯の痛み

その翌日、今直ぐにでも歯医者に駆け込みたい様な歯の痛みを感じました。
起きてからずっとです。

これまでは蓋をして来た気持ちなのですがなんとなく、嫌なんだろうな。
相手の言う事もわかる。わかるそりゃ当然だ。だけど、嫌なものは嫌なのですよね。
なんとなく自分の気持ちがわかりました。

心理カウセリングをやったり、受けたりしているといくらでもある事例ではありますが、正直、疑い半分で。感情処理をしてみました。
そしたら、歯の痛み堪えようと、顎が肩につくくらい首を傾けていた痛みが、少し傾ける位の痛みに減りました。
そこでも、カウンセリングではよくやる事なのですが、残っている気持ちも全部吐き出してみました。

そしたら、痛みを全く感じない様になりました。
どんなに理解したくても、こころの気持ちは嫌なんです。

そしたらその歯の痛みがなくなったんです。
私は歯に痛みが出るのですが、ある人は胃がキリキリすると言う人もいれば、頭が痛くなる人もいたり、ぎっくり腰になる人もいれば、吐き気を伴う人もいます。

そんな不快な気持ち。この時私は、嫌でした。
そんな不快な気持ちが無くなって楽になったら、痛みもなくなりましたし、自分で抑えつけるわけでもなくて、相手の言っている事が楽に腑に落ちて、寄り添えるのです。

無理をせずに、理解したいなって事が理解できるのです。

この問題、カウンセリング受けんといかんなって思ってたのが感情処理を自分でやるだけで解決できそうです!

学生と社会人の違い

学生の頃は合わない人とか、嫌な人とは距離を置いて気の合う人と付き合うことができましたが、社会人になったらどんなに気が合わない人とも、人間関係を築いていかないといけなくなりませんか?

人間関係を、うまく築いていくためにも自分のこころをケアするメンタルヘルスは有効です。それに、健康にも繋がります。
カウンセリングが予防医療に取り入れられる要因でもあります。

良好な人間関係を築きたいけど、うまくいかない。
相手を変えようとしても、相手が変わりたいと思わない限り、人は変わりません。
でも、自分はどうにかしたいと思えば、楽になって変わる事が出来るのです。

自分と向き合うのにはとても勇気がいります。カウンセリングを受けてこんなに疲れたのは初めてそんな風に言われる人もいます。
自分と向き合うのは、その位疲れるけどとっても楽なんです。

その後、そこら中にあるストレスに気付いて自分で楽になれる。日常的に自分で使えます。

共有したくなった日頃の一コマでした。

関連記事