心について

子どもは知ってる 大人が見ない様にした心の気持ち

帰省の時の子ども

この動画で子どもが
「人がたくさんいて困る。」
「早く新幹線に乗れば良いのに。」

素直な気持ちです。

混雑がストレスだな。

そんな風に感じられた方は何も感じないよりはマシなんです。
混雑嫌ですよね。

大人になって、これが当たり前だから仕方ない。
感じない様に見ない様にしているのが気にしないでいれるので良さそうなのですが、みない様にしているだけで感じていないわけではありません。

子どもの頃、大人になる過程で、こんなの当たり前だから仕方ない。
お父さんやお母さんがやっているのを見て感じない様になったり、悲しい気持ちを感じていたら
「男の子でしょ。」
と不機嫌な顔をされて感じない様になったり。
お姉ちゃんなんだから私が嫌って言ったらお母さんが困る。
そんな風に感じない様にしたり。

子どもの頃はお父さんお母さんが嫌な顔しなくなったり、効果的です。
でも、心の気持ちは感じていないわけではありません。
子どもの頃から今までずっと溜めてきています。

これまでみない様にして来た気持ちに目を向けるのはとっても勇気がいります。

どうにかしたいなストレス減らしたいな。
その一歩目は自分のこころの気持ちに気付く事です。。

「帰省先で気を使って疲れた。」
せっかくの連休、帰省先で気を使って疲れますよね。
お盆も終わってこれから仕事だ。
「あぁ嫌だな。」

嫌ですよね。
嫌なものは嫌ですよ。

心も身体も健康であります様に。

関連記事