5月、6月に始まりやすい五月病や退却神経症

お母さんの『今日』

佐賀や福岡でカウンセリングをしているよっちゃん、こと諸岡です。 今日はこの時期に始まりやすい心の病気についてです。

5月、6月から始まりやすいこころの病

5月ももう終わりますね。今年のGWは10連休だったという方も居たかと思います。そんな、大型連休の後、5月6月から始まりやすいこころの病があります。

ひとつは五月病です。

5月病

5月のGWなど連休の後に、学校や会社に行きたくない、なんとなく体調が悪い、授業や仕事に集中できないなどの状態を総称して「五月病」と呼びます。
五月病は正式な病名ではないので、診断するのはお医者さんですが、診断がつくとしたら適応障害うつ病パニック障害パーソナリティ障害といった病気が考えられます。
五月病について

元々、頑張ろうとしていた人が多く、新たな環境に馴染めず新しい環境はストレスで、頑張ろうとしてきたからこそ、こころがもうキツイよと、心身に症状が出る人が出やすい時期です。

それ以外に始まりやすいと言われているのは退却神経症です。

退却神経症

退却神経症は精神科医の笠原嘉先生が提唱した病です。アメリカではスチューデントアパシーと言われています。

例えば、自分の大学の勉強はできない。ボランティアなら出来る。英語ならやれる。サークルも。自分の学部でない他の学部なら学べる。
お母さんだったら、PTAはすごく頑張れるけど自分の子供の子育てには無気力。家の中はグチャグチャだったり。

という様に、本業にやる気が出ない特徴があります。
退却神経症について wikipedia

笠原先生は、70年代に「薬じゃなくて、カウンセリング。」と言っていた病でもあります。

5月、6月に始まりやすいと言われる五月病や、退却神経症をどうにかしたいなという方、もしいらしたらお気軽にご連絡ください。

体験講座

おすすめ記事

  1. だーい好き 子どもを褒めるのも良いけど、何よりも認めてあげてください
  2. 記憶 感情に紐付く記憶
  3. 自分でストレスをスッキリ 自分でストレスを減らす方法 こころの気持ちスッキリ
  4. 女性 自由がストレス!? こころの問題が出やすくなった現代社会
  5. お母さんの『今日』 子育て中のお母さんに送る詩 私は今日お皿を洗わなかった

関連記事

  1. 多忙でストレス 先延ばしにするのを辞める
  2. 自信 双極性障害II型だった方の3年後
  3. 泣く なかなか寝付けないし寝ても目が覚める 不眠に困っていたのが楽にな…
  4. 子どものプレイセラピー プレイセラピーで、不登校や子どものカウンセリング
  5. 身体がだるい重い、具合が悪いのが軽くなった
  6. イライラ AYH 子供の声にイライラしなくなった
  7. 行動するのが遅いのは産まれつき?色々考えて行動できない
  8. 恋愛 恋人や相手の粗探しをして人間関係がうまくいかない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

予約

最近の記事

  1. クリーニング中のエアコン
  2. こころ
  3. 安全基地
  4. 解離性障害でカウンセリングを受けてみての感想

月別ブログ一覧

PAGE TOP